知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

音楽の値段

ネットニュースで「Utada、全米19位!日本人初の快挙」ということだったので、私もi-Tunes Music Storeをのぞいてみたのですが、日本のi-Tunes Music Storeとアメリカのi-Tunes Music Storeとではこのアルバムの値段が違いました。


それぞれのサイトでは以下の値段で販売されていました。
 日本のサイト:2000円
 アメリカのサイト:7.99ドル
新譜にもかかわらず、アメリカの値段は日本の半額以下です。。。
いろいろな要因でこの差が生じているのだと思いますが、ちょっと違いすぎますよね。

消費者としてはなるべく安く手に入れたいところですが、音楽を配信する側は国外からの購入を制限する方向で進んでいます。
確かNapsterは以前からだと思いますが、アメリカのi-Tunes Music Storeでも国外からの購入ができなくなったようです。

インターネットの普及によって(特許法よりも先に)著作権法の国際的統一を図る必要があると思うのですが、各国のさまざまな団体の思惑によりなかなか進まないんでしょうね。。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2009年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-9-5

    Park & Ride

最近の投稿