知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(3) The Problem-Solution Statement

Invention
Analysis and Claiming: A Patent Lawyer’s Guide
のChapter 3です。

このchapterでは、Problem-Solution Statement、つまり日本でいうところの「発明が解決しようとする課題」と「課題を解決する手段」を一文にしたものを作って、クレーム作りをする方法が解説されています。

Problem-Solution Statementを一文にするかどうかは別にして、このあたりの具体的な手法については日本の書籍にも詳しく書かれていると思います。
それほど目新しい内容はないように思いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

最近の投稿