知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(5) The Problem-Solution Statement – Reining in Overbreadth

Invention
Analysis and Claiming: A Patent Lawyer’s Guide
のChapter 5です。

このchapterでは、Problem-Solution Statementが広すぎてprior artを読み込んでしまう場合にProblem-Solution Statementを狭めていく手法について説明しています。

簡単に言えば、これまでのchapterで述べたProblem-Solution Statementの広げ方を考慮しつつ、なるべく広くなるように狭めていくということでしょうか。もっともですね。


この中でProblem-Solution Statement中のsolutionを狭めるよりもproblemを狭めた方がよいという記載があります。
ケースにもよりますが、problemを狭めただけだと、進歩性で拒絶された場合に、効果的な反論ができない場合も多そうですし、その段階でproblemを広げるような補正をすると補正要件に引っかかる場合もあるように思います。

まぁとにかくprior artを十二分に検討して最適なクレームを設計することが大切ですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

最近の投稿