知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(6) Fallback Features and the Planned Retreat

Invention
Analysis and Claiming: A Patent Lawyer’s Guide
のChapter 6です。

このchapterでは、最も広いクレームに加えて、中間の広さのクレームと狭いクレームを用意しておくstrategyについて説明されています。
ここでもProblem-Solution Statementに基づくアプローチが展開されています。

これらのクレームを作成する場合には、クレームの広さよりも特許性を主張する際の有効性に重点を置いて考えていった方がいいと思います。
個人的には、Problem-Solution Statementに基づいて考えるよりも、作用効果に着目した方がよさそうに思います(特に日本では)。まぁ結果的には同じことなのですが。。。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-10-26

    Android端末

最近の投稿