知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(10) Definition Claims

IACのChapter 10です。やっと半分です。。。
ペースを上げていきたいと思います。

このchapterは、親クレームで使用されている用語を定義するような従属クレームを作るという内容です。
そのような従属クレームを作っておけば、中間処理で使える場面が多いと思います。


一見すると簡単な作業のようですが、どの用語が将来(中間処理&特許後)重要になってくるのかを見極める力が必要なので、簡単とは言えないですね。

独立クレームの機能的記載を従属クレームで構造的に特定するというのも、これに類似しているのかもしれませんが、構造的に特定できるのであれば、機能的記載を含む独立クレームに加えて/代えて、構造的記載を用いた独立クレームを立ててておいた方がよいように思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2009-3-5

    Quarter Pounder

最近の投稿