知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(11) Assembling the Dependent Claims

IACのChapter 11です。

このchapterでは、タイトル通り、従属クレームの構成の仕方について解説しています。
日本ではマルチにしても料金が高くなりませんし、マルチのマルチも許されているので、そこまで深く従属クレームの構成(どのクレームに従属させるのか)について考えることはないかもしれませんね。


ただ、このchapterの後半では、従属クレームをどのようにchainさせるか、つまり従属クレームをどの従属クレームに従属させるかを中心に議論が展開されていますが、これはそれほど重要ではないような気がします。
複数の従属クレームに従属させられるような従属クレームは、特許性の点で重要なものであれば独立クレームに従属させるべきであって、そうでなければわざわざクレームにする必要がないか、あるいは独立クレームに従属させればよいだけのように思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-12-24

    White Christmas

最近の投稿