知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(14) Claim Diversity

IACのChapter 14です。

このchapterでは、クレームに多様性を持たせることの重要性について述べられています。
費用的な面から日本ではあまりできませんが、アメリカでは同じ内容のクレームを別の表現で言い換えたクレームを立てやすいので、重要な発明についてはいくつかのバージョンをクレームしておきたいですね。


この中でEnforced-Format Claimingというのが紹介されています。
クレームのフォーマットを予め決めておいて、そのフォーマットになるように無理矢理別の表現で新しいクレームを作るというものです。
それで良いクレームがつくれるかは別として、1つのアプローチとしては使えそうですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

最近の投稿