知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(16) Writing the Background and Summary

IACのChapter 16です。

タイトルにある通り、BackgroundとSummaryの書き方について述べられています。

まず最初にAudienceについて述べられています。つまり誰に読まれることを意識して作成すべきかという点です。
この点についてはロースクールのIP Legal Draftingのクラスでも教えられました。非常に重要なことだと思います。


その他にノートしたことは以下の通り。

  • 通常、Backgroundでは図面に言及しない方がいい。
  • Summaryでは発明を機能的に言い換えて表現してみてもよい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-10-17

    Voters’ Pamphlet

最近の投稿