知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(18) Claim Rejections – Amend or Argue?

IACのChapter 18です。

このchapterでは、拒絶された場合の対応について述べられています。
この中で気になったのが、引用例をpredeteできる場合について。


反論も補正もできない場合の最終手段としてRule 131のaffidavitを提出すべきであって、それ以外の場合は反論ないし補正をすべきであると述べられています。
あまりそういう意識で考えたことがなかったのでハッとさせられました。
現実的にはコストがからんでくるので、その通りにはいかないかもしれませんが、理想的にはそのようにすべきですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

最近の投稿