知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

MPCD (3) Apparatus or Machine Claims

MPCDのchapter 2を読み終わってから約半年。。。
非常に長い時間をかけてchapter 3を読んだので最初の方の内容の印象が薄くなりつつあります・・・

このchapterでは、特にmeans plus functionクレームについてその沿革を含め非常に詳しく解説されています。
その他にも、workpiece element(発明に必須の構成要素ではない要素)、negative limitation、単数と複数、relative terminology、alternative expression等々、クレームドラフティングにおいて基本かつ重要な点が解説されています。

このchapterを読んで、クレームドラフティングにおいて最近ではあまり意識しなくなってきている点がたくさんあることに気づかされました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-10-26

    Android端末

最近の投稿