知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

2009年最後の投稿

2009年も残り数時間になってしまいました。
今年は引っ越し続きでしたので、来年は少し落ち着きたいですね。

で、今年中に投稿することを約束していた最後の弁理士留学ネタ「卒業後のOPT」を最後に書いてみたいと思います。


OPTとは、Optional Practical Trainingの略で、簡単に言えば、アメリカの大学卒業後に一定条件下で米国で働くことできる制度です。

ビザの点から言えば簡単に認められますが、一番の問題点は「誰に雇ってもらうか」ということです。
この点、企業や事務所から留学に来ている人は、アメリカの現地企業やローファームにコネクションがありますので(特にお客さんの立場なので)、比較的簡単に就職先を見つけることができると思います。
しかし、私のように一匹狼で留学してしまうと、雇ってくれる企業やローファームを見つけるのは非常に難しいと思います。(雇う側にほとんどメリットがないので)

例えば、ロースクールでの勉強と並行してネットワーキングをして就職先を見つけることも考えられますが、そもそもロースクールでの勉強で忙しいのでネットワーキングイベントに参加できませんし、参加できたとしても、よっぽどのアピールポイントがない限り就職先を見つけるのは難しいと思います。特に、現在は不景気でネイティブの新米弁護士の就職先もないような状況ですので、自力で就職先を見つけるのは至難の業でしょう。

結局、私は、日本でお世話になっている先生にローファームを紹介してもらい、雇ってもらうことができました。
幸いにもそのときはリーマンショックの前でしたが、もしリーマンショックの後だったら・・・無理だったと思います。

というわけで、OPTを考えて留学される方は、留学前に就職先の目星をつけておいた方がよいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2009-3-5

    Quarter Pounder

最近の投稿