知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

クレームドラフティング

今日のPatent Strategyのクラスはクレームドラフティングの基礎についてでした。
生徒の質問から改正規則に関する話に脱線してしまいましたが、いずれにしても非常に勉強になります。
特に、Superguide Corp. v. DirecTV Enters., 358 F.3d 870,
887 (Fed. Cir. 2004)によって”at least one
of”の使い方に注意しなければならなくなったということは知りませんでした。よく使っていた表現なので今後は注意したいと思います。
この点に関して以下のような記載をしている明細書を見つけました。

“The invention has been described in detail with particular reference to preferred embodiments thereof and examples, but it will be understood that variations and modifications can be effected within the spirit and scope of the invention covered by the claims which may include the phrase “at least one of A, B and C” or a similar phrase as an alternative expression that means one or more of A, B and C may be used, contrary to the holding in Superguide v. DIRECTV, 69 USPQ2d1865 (Fed. Cir. 2004).” U.S. Patent No. 7,170,346.

09/13 タイトル変更

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2007年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-10-26

    Android端末
  2. 2011-1-22

    Costco

最近の投稿