知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

Public Use

先日のPatent Lawの授業でPublic Useについて学んだのですが、その中Metallizing Engineering Co. v. Kenyon Bearing & Auto Parts Co., 153 F.2d 516 (2d Cir. 1946)という判例が挙げられていました。
この判例は、出願人がsecretにしていたにもかかわらず、そのsecretしていた事実によってpublic useが認定された事例です。
先発明主義らしさを垣間見た判例です。日本とは感覚が違います。
日本人には意外と知られていない判例かもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2007年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-10-17

    Voters’ Pamphlet

最近の投稿