知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

United States Court of Appeals for the Federal Circuit

Patent Lawの講師であるJudge Raderが自分の職場に招待してくれました。
職場というのは・・・そう、United States Court of Appeals for the Federal Circuit、CAFCです!
CAFCはホワイトハウスのそばのあまり目立たない建物の中にあります。
この建物の中には、主として合衆国に対するclaimについて裁判を行うUnited States Court of Federal Claimsという裁判所も入っています。


まず、Judge Raderのchamber(判事室)に案内され、今日弁論が行われるケースについての概要をlaw clerkから聞きました。law clerkは全員technical backgroundを持っていて非常に優秀な方ばかりのようでした(Ph.D.を持っている方もいらっしゃいました)。
chamberはとても広く、会議室のような場所もありました。日本人にはうらやましい限りですね。
また、Asianな置物や装飾品がたくさんあったり、これまでのlaw clerkの写真が貼ってあったり、とても和やかな雰囲気でした。
その後、法廷のbalcony席に案内されました。そのときの写真が撮れなかったのが残念ですが、balcony席は法廷の2階にあります。当事者席の様子は見えにくい構造になっているので、弁論している当事者を映し出すモニタが設置されています。
手続の進行を妨害しないように、判事間の相談はメモでやりとりされていました。また、各判事の前にはパソコンがあり、balcony席にいるlaw clerkとチャットでやりとりが行われていました(これには少し驚き!)。
今回の判事はJudge Rader、Judge Moore、Judge Schallで構成されており、Judge Mooreが当事者に鋭い質問を投げかけていたのが印象的でした。彼女が今後のCAFCをリードしていくことになるのでしょう。
各事件の審理は十分に理解できないまま進んでしまいましたが、以下のケースブックの著者であるJudge RaderとJudge Mooreという有名な2人の判事の法廷を見られたのはとてもよかったです。非常に貴重な体験をさせてもらいました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2007年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2009-8-13

    空っぽの部屋

最近の投稿