知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

笑えるけど笑えない話

事務所では時々メールでジョークやおもしろい話が送信されてくることがあります。
そんなメールのうちの1つに実際のOffice Actionの中にあった「笑える記載」を転送してくれたものがありました。

. . . The examiner would also like to apologize to the applicant for the lengthy prosecution thus far.  The examiner has been searching in the wrong classes and has been directed by a primary examiner to the correct area to search.  Please refer to the new rejection below. . . .

こんな審査官と彼を部下に持ったprimary examinerの関係を想像すると非常に笑える内容だと思いますが、これまでにたくさんの時間とお金を費やしてきた出願人を考えるとシャレになってませんよね。
この審査官は自分の間違いに気づいているからまだマシですが、それさえも気づいていない審査官が少なからずいるように思います(国を問わず)。
自分のクライアントがこういう審査官に当たってしまったことを考えると・・・ますます笑えませんね。

この文章に続く拒絶理由がどういうものだったかは聞いていませんが、今回の応答で審査が決着するような拒絶理由であったことを願っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2009年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2008-10-17

    Voters’ Pamphlet

最近の投稿