知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(2) Begin from the Problem

Invention
Analysis and Claiming: A Patent Lawyer’s Guide
のChapter 2です。

Chapter 2では、Chapter 1のproblem-solution approachを用いてクレームを広くしていく過程を紙クリップの例で説明しています。

紙クリップの例では「そうだよねぇ~」と思わされるのですが、この例だけからクレームを広くしていく方法を一般化することは難しいですね。


日本の実務では、クレームをドラフトする際に「発明が解決しようとする課題」を考えることは当然だと思いますが、クレームを作成した後、クレーム
を広げていく際にもう一度「発明が解決しようとする課題」に着目することも怠ってはいけないなぁとこのchapterを読んで思いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

  1. 2011-1-22

    Costco

最近の投稿