知的財産権についての情報を中心に掲載しております。

IAC(13) Statutory Claim Types

IACのChapter 13です。

このchapterはクレームのカテゴリについて述べています。
この中でPropagated Signal Claimが紹介されています。
Propagated Signal Claimが認められる前提で書かれているような感じですが、signal claimはIn re Nuijtenで認められていないのでは?
執筆時点ではIn re Nuijtenはunder reviewだったようですが、認められる前提で書いてあるのはちょっと良くないのでは?と思いました。

個人的には、方法クレームのメリットについての説明が勉強になりました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このブログについて

このブログは、弁理士・米国弁護士 森 友宏により作成されています。

2007年7月~2009年8月はロースクールLLM留学記&OPT研修記でした。

ピックアップ

最近の投稿